人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

異動であります

急な転勤が決まり、しばらく更新はお待ちください。さようなら清水谷隧道、安養寺隧道。久しぶり口野隧道、三津坂隧道。では2010年の白い悪魔でもご覧になってお待ち下さい。

f:id:msx4:20170701211456j:plain

f:id:msx4:20170701211425j:plain

 

f:id:msx4:20170701211536j:plain

 

f:id:msx4:20170701211614j:plain

 

            音水の4つのインクラインに続く

十津川村の林鉄廃隧道群(?)07 (完?)

何か黒っぽい丸い影が見えた瞬間ここ十津川で3度目の雄たけびを上げながら突進した。

f:id:msx4:20170615235448j:plain

 

f:id:msx4:20170615235542j:plain

まさかの3本目!!!間違いなく人工の穴だ!旧隧道?奥はどうなってる?貫通してるのか?閉塞か?ちくしょうなんでこんな時にメインのライトを忘れちまったのか。(現在サブのライトのみ)f:id:msx4:20170617003940j:plain

 入り口は半ばまで埋もれていて中も土砂が溜まっているようだ。しかもガガンボみたいなでっかい虫がゆらゆらと楽しそうにゆれながらいっぱい飛んでいる。とりあえずちょっとだけ侵入!

f:id:msx4:20170617010443j:plain

どうやら閉塞しているようだが・・・これは崩れたというより埋め戻している?

f:id:msx4:20170617005139j:plain

最奥部が見えた!コンクリートの壁だ!ということは第2の隧道のコンクリート巻きの部分に突き当たっているのか。とするとこの穴の正体は? ①旧隧道。後で現在地に作り直した ②現隧道の作業用横坑もしくは空気穴 ③魅惑の洞内分岐だった ④それとも・・・謎は深まるばかりである。

 f:id:msx4:20170617224005j:plain

しかし訪問する度に穴を見つけるっておかしくないだろうか。もう1回行ってみようかしら。それはともかく結局これらの隧道の正体、というよりもこの隧道がある場所の変遷がよく分からないというべきか。最初に林鉄の軌道があり、その後ダム工事のコンベヤ道が作られたのだろうか?それでも矛盾点が浮かび上がるし、この両者がイコールなのかも分からない。自分は踏破専門で考察は苦手なのです申し訳ない。

 

          謎を残しつつも十津川村の林鉄廃隧道とりあえず完 

十津川村の林鉄廃隧道(?)06

f:id:msx4:20170613155620j:plain

そこは山の斜面を掘り下げて作ったちょっとした広場になっていた。それは少しもおかしくない。おかしいのは地面の高さで隧道の床面との高低差が1mちょっとある。

f:id:msx4:20170613160502j:plain f:id:msx4:20170613161214j:plain

坑門の前にコンクリの基礎のようなものがあるから元からこの高さであったことは間違いない。そして20mも歩くと急斜面が川に向かって落ち込んでおり、そこから先に道の跡は見受けられなかった。この先に道は無い。ここが終点で木材を集めていたのならおかしくはないが、もしこの先に道があり行き先があるとすれば・・・

f:id:msx4:20170613224956j:plain

道筋の直線上には風屋ダムがそびえている。昭和33年本工事が着工されており、林鉄は20年代まで稼働していたという。(wiki及び日本の廃道より)風屋ダムの建設資材を土場のあった場所から2本の隧道を通り、終点から索道(ロープで荷物を吊るす方法)で運んでいたのではないか?つまり林鉄の軌道跡ではなくダム工事の資材運搬用の軌道跡ではないか?そう思った。日本の廃道17年4月号がでるまでは。

明細は省くがやはり林鉄の跡ではないかという推論と証拠が載っていた。ありゃりゃ間違ってたか、でも個人的には見つけたものが林鉄由来のほうが嬉しかったりする。林鉄屋だし。そしてつい先日の5月、天川村探索のついでに2年半ぶりに訪問した。時刻は朝6時。元土場の小学校横に車を止め、探索の準備を進めているとむこうから朝のウォーキングをしている人が歩いてきた。

 

「釣りかい?」  「いえ山歩きです」  「どこの山に登るのかね」   「いえ、この上の(指差しながら)ほうにある軌道跡の隧道を見にきたんですよ」   

 

 

   「ああ、ダム工事のベルトコンベヤの」   「 え 」

 

まさかの衝撃的証言であった。やっぱりダム工事のものだった?恥ずかしながら衝撃で会話の細かい部分を忘れてしまったが”昭和32年”という具体的な年数が出てきたのは覚えている。そして”ベルトコンベヤ”という固有名詞が出てきたことはこの証言の信ぴょう性が極めて高いと思われる。というかダム工事にしても軌道じゃなくて、ベルトコンベヤか!林鉄専門で近代土木のほうに頭が回らなかった結果がこれである。だがこれで幾つかのことが腑に落ちた。軌道用にしては見たことない形の橋脚。隧道内で軌道と違って上を歩く訳にはいかないので中心よりずれた設置場所。何よりあの”木”はコンベヤをおく台だと考えると納得がいく。

f:id:msx4:20170614010952j:plain そして1つめの隧道前に落ちていた電気部品(名前知らない)に描かれた1957(昭和32年)の数字。やはりダム工事か。でもそれだとおかしいというデータも出ている。むむむ?

f:id:msx4:20170614012033j:plain 隧道内のかえるさん、何か知らんかね?

 

f:id:msx4:20170614012320j:plain 考えてもわからないので朝食をとる。

 

f:id:msx4:20170614012946j:plain 2つめの坑門を横から見る。正面から見える部分がそのまま山肌に、というわけではないようだ。

 

f:id:msx4:20170614013751j:plain ふと横を見ると踏み分け道らしきものがある。

 

 

 

f:id:msx4:20170614014734j:plain

 

         ・・・ナニカ見エルキガスルンデスガ

 

 

               十津川村の林鉄廃隧道(?)07へ続く

 

 

 

十津川村の林鉄廃隧道(?)05

f:id:msx4:20170609222112j:plain

まさかの2本目である。何か変だと思いはじめた。何故なら今いるこの場所は蛇行した支流の栗平川によって半島状になっており、国道の高原隧道の坑門から真横に1kmちょい進むとぐるりと回って反対側の出口にぶつかり、2kmも進むと小さいほうの高原隧道、つまり上流に向かう軌道の本線にぶつかってしまうような狭い土地なのである。そんなところに隧道を2本も造るのは採算的にどうかと思った。

f:id:msx4:20170609225712j:plain

それとこの隧道内部である。床が全面コンクリートで固められ、ボルトのついたコンクリートの土台が等間隔に並んでいる。しかも中心から少し横にずれている。この時までは林鉄の軌道だと確信していたのでこれを見た時は何か特殊な作りの軌道なのかと真剣に悩んでしまった。そしてしばらく進むとソレが現れた。

f:id:msx4:20170609231652j:plain

木?木のレール!?まさか木製レール?鉄のレールの普及以前にごく一部で使われたというあれか!?といった感じでこの時はだいぶ混乱していた。何せ現物どころか資料さえほとんど見たことがない代物であり、パッと見レールにしか見えなかったから

というのもある。でもだんだん落ち着いてきてよく見てみると

f:id:msx4:20170609234251j:plain f:id:msx4:20170609234438j:plain

木製レールなら上に鉄板を張り付けているはずだがそれらしきものが見えない。しかも固定に使われているボルトが上にとび出ている。他にも天井に電気が通っているのに年代的な違和感など疑問点がいろいろと出てきて・・・ええいとりあえず横に置いといて前進してみよう。

f:id:msx4:20170610000350j:plain f:id:msx4:20170610000419j:plain

f:id:msx4:20170610000544j:plain f:id:msx4:20170610000928j:plain

天井はコンクリ巻き、素掘り、コンクリ巻き、素掘り、コンクリ巻きの順で床は一部土砂が堆積していたけれど多分全面コンクリートで施工されている。そして出口は

f:id:msx4:20170610002413j:plain

                  ん?

f:id:msx4:20170610002544j:plain

                    え?

f:id:msx4:20170610002628j:plain

               なんじゃこりゃ?

 

            十津川村の林鉄廃隧道(?)06へ続く

           

 

十津川村の林鉄廃隧道 04

 

前回より3カ月後の2014年11月、2度目の探索のため再び十津川村を訪れた。下の写真は風屋大橋から高原隧道を写したものだが、右の街灯の電球あたりの高さに隧道が通っていたと思われる。現隧道の上に旧隧道というのはよくあるパターンだが、ここに現道とクロスするような隧道があったというのは前情報か偶然でもない限り気付かないだろう。

f:id:msx4:20170607160736j:plain

f:id:msx4:20170607161027j:plain この川沿いの斜面が今回の目標であるが、前回の探索から一抹の不安を感じていた。はたして道はあるのだろうかと。

f:id:msx4:20170607162624j:plain 前回撤退地点から藪に突入!草はともかく灌木の枝が邪魔でしょうがない。

    f:id:msx4:20170607163337j:plain

すぐに橋脚らしきコンクリート塊”のみ”を発見。やはりこちら側は隧道より前と違って桟橋が主なのか。

f:id:msx4:20170607164557j:plain f:id:msx4:20170607164620j:plain

f:id:msx4:20170607164757j:plain f:id:msx4:20170607164834j:plain

位置も形もバラバラな橋脚(?)ばかりが見つかるが逆に言えばそれだけ。たぶん木製の作業軌道だと思われるが、せめてレールの1本でも見つからないと面白くもなんともない。正面を見ても木々に視界をさえぎられ、上を見ても

 

 

 

f:id:msx4:20170607171153j:plain

 

 

                   は?

 

がさごそがさごそずるっがさごそがさごそ(斜面をはいあがる音)

f:id:msx4:20170607171516j:plain

 

       2本目発見!!

 

f:id:msx4:20170607171833j:plain

 

 貫通している。しかもけっこう長い!

 

f:id:msx4:20170607172122j:plain

 

               ・・・・・何この床?

 

             十津川村の林鉄廃隧道 05へ続く

十津川村の林鉄廃隧道 03

驚いた。終点を探しに来たのに更にその先があったことに。当たり前のことだがトンネルを掘るほうが普通に道を作るより手間も金もかかる。その手間をかける価値もしくは目的があったわけだ。というのは落ち着いてから思ったことで、見つけた時は雄たけびをあげて喜んでいたのが事実である。何せ時前の情報に無く、ネット上に未出の物件である。この業界にいて喜ばないほうがおかしい。(と思う)

  f:id:msx4:20170602230418j:plain

残念ながら閉塞しているのが一目で分かった。というか横を覗くと国道のトンネルの真上だった。トンネル工事の際につぶされてしまったのだろう。残念。

f:id:msx4:20170602230739j:plain f:id:msx4:20170602231938j:plain

  f:id:msx4:20170602232052j:plain

とりあえず反対側の坑門を探しに行く。右は崖で左はコンクリの斜面だが少し戻ったところで昔の峠道を発見。それを使って高巻きをする。峠は✕字状に道が交差しており、尾根道と峠の向こう側に降りる道、そして都合よく進行方向に進む道があった。

f:id:msx4:20170602233251j:plain f:id:msx4:20170602233527j:plainf:id:msx4:20170602235505j:plain 左の写真の左下が登ってきた道である。

   f:id:msx4:20170603000326j:plain

しかし急角度の坂道を下っていくと灌木と藪の中に道は消えてしまい、反対側の坑門もこちらは完全に潰されたようで確認することが出来なかった。ただ木々の間にコンクリの橋脚らしきものが確認でき、桟橋の道が続いていただろうとは推測することが出来た。といったところでこの時は時間切れで撤退。未知の隧道の発見という戦果に満足しながら帰宅の途についた・・・3カ月後これが”前菜”にすぎなかったと知ることになる。

             

              十津川村の林鉄廃隧道 04へ続く

 

十津川村の林鉄廃隧道 02

 翌朝、昨日敗退した地点より少し進んだところで斜面に突入する。ちょうど写真の左端のあたりである。

f:id:msx4:20170531215547j:plain f:id:msx4:20170531215605j:plain

そして昨日降りることが出来なかった崖の下に到達する。その先は緩やかな坂になっており、すぐに分岐が現れる。まっすぐな道と上に向かう坂道だ。

f:id:msx4:20170531223724j:plain

この時自分はまっすぐな道を選択した。なぜなら、上の道はすぐにコの字状の大穴がいくつも開いており、道に見えなかったからである。

      f:id:msx4:20170531224621j:plain

           下の道から横を見るとこんな感じ。

       f:id:msx4:20170531224816j:plain

厳密に言うとこんなのが3つ並んでいた。考察はさておきまずは前進する。

f:id:msx4:20170531225704j:plain

そしてしばらく歩くと道の痕跡は消えてしまう。ここまでだったのか、左下の現道に削られたのかは判断がつかなかった。ここで砂防堰堤もどきが見えた場所から上昇開始。たしかなんとなく登ったような気がする。

f:id:msx4:20170531231304j:plain f:id:msx4:20170531231335j:plain

なんと上のほうにはかなり広い道が広がっていた。先ほどの坂道の続きらしいが、ところによっては車が走れそうなほどの広さがあり、軌道跡としては首を傾げざるを得なかった。取りあえず前進してみる。

 f:id:msx4:20170531232941j:plain f:id:msx4:20170531233013j:plain

   f:id:msx4:20170601022937j:plain

コンクリートの橋脚らしきものがある程度の間隔ごとに設置されている。

       f:id:msx4:20170601024019j:plain

                  

 

f:id:msx4:20170601024255j:plain

                隧道出現!

 

             十津川村の林鉄廃隧道 03に続く