人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

尻尾を巻いて逃げ帰ったとこ

次のネタが決まらないのでふと思ったことを。タイトル通りの敗退の記録。 尾鷲の二ノ俣支線。反対側は10mの岩壁を登る。無理。 早川の左岸道路の青崖北。凹部を越えようとして左手でつかんだ岩が剥がれ落ち、心が折れた。落ちると数十m下の川まで一直線…

坂ノ谷森林鉄道 其の8(完)

1瞬隧道かと思ったが、それは切り通しだった。右に向かって大きくカーブしており、ここで180度ターンして再度上流に向きを変えていた。 中で振り返って 名称は知らないがこの特徴的な岩盤のせいで強く印象に残る場所だ。 枕木や石垣、木橋跡などいろいろ…

坂ノ谷森林鉄道 其の7

そこには外れたレールと小さな木橋の残骸が。石垣もろとも緑に覆われて綺麗に朽ちていた。 その先も低い石垣の路盤が続いている。そこには 上も下も埋もれかけてるし一跨ぎ程の長さしかないが木橋が現存していた。木橋と言うにはおこがましいかもしれないが…

坂ノ谷森林鉄道 其の6

小さな沢のところでふと横を見ると レールが1本だけ残っている。元の位置ではないが。 次の沢には石垣・・・橋台が見える。 1本だけだが橋げたが残っている。加速度的に朽ちつつある木製橋梁の中ではこれだけでも嬉しく感じてしまう。 そうこうしているう…

六厩川橋 秋町隧道突破ルート

某オフ会に参加するつもりが雨天による日時変更のため参加出来ず、その前日にソロで突入。1番安いゴムボートとフローティングジャケットとハイテンションを装備済み。 ちなみに1番大変だったのは帰りの高速でタイヤがバーストしたことだった。(家までのこ…

坂ノ谷森林鉄道 其の5

インクラインの跡がはっきりしてきた辺りから上を見上げても終点である上部軌道は確認できない。 横から見て 下を見て レールを発見して 直登すること25分、上部軌道にたどりついた。全体的に土に埋もれつつあり、写真右上の石垣ぐらいしか人工物が見当た…

坂ノ谷森林鉄道 其の4

左側の坂道は作業道。軌道跡は中央を真っ直ぐ。右に小さく見えるのが林道だ。 暗渠(排水口?)がある石垣もあったりする。これは下から見たところ。 林道が川を渡る橋の横に駐車場がある。この奥にある滝の見学者用らしい。軌道跡は写真の左上にある。 ここ…

坂ノ谷森林鉄道 其の3

軌道跡はこのように沢沿いの山側に向かって曲がっていたと思われる。なぜなら 極1部ではあるが曲線を描く石垣が残っているのだ。そして 180度ターンして沢を渡っていた。つまり、つづら折りで高度を稼いでいたのだ。 沢を渡ると右に曲がり またもや18…

坂ノ谷森林鉄道 其の2

橋(の跡)だ!軌道はここで本流を渡っていた。橋台と築堤がとてもきれいに残っている。 下流方向から。 対岸から。 そして今度は左岸に沿って進んでいくが、林道の対岸という人が入りにくい立地のせいか枕木が少し残っている。 森に還りつつある枕木と犬釘 …

坂ノ谷森林鉄道 其の1

今回のレポートですが、実は1回目に踏破したときの撮影データを間違って消してしまったため2回目の探索時の写真で紹介します。そのため本来は発見した順番で紹介するつもりでしたが、わかりやすく起点から順に紹介していきたいと思います。 兵庫県と鳥取県の…

次回予告

仕事がひと段落ついたため活動再開。 以前記事にした音水、中音水支線を含む波賀森林鉄道。 そこから更に北に進むと兵庫県と鳥取県の県境に戸倉峠がある。 戸倉峠には新、旧のトンネルがあるがその更に上には 未成隧道がある。というのは一般的な常識だが、…

富士林用軌道 吉田胎内樹型付近 後編

軌道跡は小さな石垣の土盛りと 荒々しい切り通しを抜けて真っ直ぐに延びている。 胎内神社に近づいたところで緩やかに右にカーブを描き 行きに渡った枯れ川に沿ってしばらく進む。 しばらく進むと軌道跡は途切れてしまうが、足元と対岸に橋台が残っていた。…

富士林用軌道 吉田胎内樹型付近 前編

17年11月。ここは山梨県の富士北麓公園の南にある交差点。この近くに吉田胎内樹型という天然記念物があり、そのそばに富士林用軌道(名称は日本鉄道旅行地図帳より)の軌道跡が残っているらしい。ただ地理院地図で見ると車での最短アクセスポイントが富…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その5(完)

前回少しだけ歩いた軌道跡を今度は林道から眺めながら歩いていく。 しばらく歩くと川はだんだん浅く狭くなってきた。 橋台を見つけた、が、この辺から軌道がどちらを通っていたのか分からない場所が増え始める。崩れているのか、桟橋で越えていたのか、林道…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その4

南古谷川に沿って進んでいく。予想以上に状態はいい、即ちとても気持ちが良い。 たまに崩れていたりするが、場所によっては石垣の断面が見えて興味深かったりする。 見事な石垣が目を楽しませてくれる。 更に渓谷の景色も素晴らしい。 片洞門ばりに突き出た…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その3

前回から2週間後、再びこの地を訪れた。道路幅が広がった場所に車を停め、今来た方向ー下流方向を向いたところだ。 一旦戻って前回は行かなかった川の右岸に沿った道を進んでみることにする。ふと橋から河原を覗いてみた。すると・・・ レールだ。前回は気…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その2

川の向こう岸に石垣が見える。つまり、林道に潰されていない軌道跡が残っているのだ。これは個人的に一番うれしいパターンだ。手つかずの軌道跡を歩いて楽しむのと、側面から眺めて楽しむのと、両方楽しめるからだ。 川幅が狭まったところで渡河して路盤によ…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その1

ここは和歌山県有田川町。有田川をさかのぼっていくと(最終的に高野山に出ます)写真の光景が目に飛び込んでくる。「栗生の巌」。注連縄の掛かった立派な大岩がそうである。ちなみに栗生は地名であおと呼ぶ。そしてその隣に味がありそうな橋が小さく写って…

紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)

毎度お馴染み新潮社の鉄道旅行地図帳。矢印が示す軌道のライン。資料、これだけ。 じゃあ行こうか。 紀伊半島の森林鉄道・林用軌道群② 南古谷川林用軌道(仮)その1へ

ミステリーゾーン 

好奇心に負けた結果がこれだ。氷点下の長野でなに買ってんだ自分。更新は充電中につきしばらくおまちください。

ぶらりみちのく”はし”めぐり 川遊び編 二ノ俣もあるよ

翌早朝、銚子川の上流を目指す。 写真の橋の向こう岸がゲートになっていて、車でここまでこれます。気軽にとはいきませんが。 写真2枚分の間じっとしていてくれました。 谷底へ降りて 対岸にある林鉄の路盤に登ろうと石を積んだり(登れませんでした)したあ…

ぶらりみちのく”はし”めぐり 正解編

林道の入り口にあった橋台に登ってみる。昔から道があったのか、それとも谷があったのか・・・。横から見ると下半分は緑に覆われていた。 上は先ほどと同じく草まみれ。 少し歩くと谷があった。こちらは2つとも橋台がのこっている。 橋台のみだがどれも綺麗…

ぶらりみちのく”はし”めぐり 勘違い編

やってきました三重県尾鷲。 あれに見えるはクチスボダム。 ダム横にあるのは管理事務所と・・・Trapezoid=台形 橋台だ。 はいそこ橋じゃねーじゃんと言わないように。 反対側には橋台はなかったが平場が見える。ただ、すぐ先で建物(?)に山肌ごと削られ…

ぶらりみちのく”はし”めぐり ねじって沈む編

時は先週の17日。ここは三重県。そしてこれは JR紀勢本線 濁川橋りょう でもこれを見に来た訳じゃない。この写真から右へ100度転回する。 この道を前進する。間違っても ” 左 ”ではない。” まっすぐ ”である。根っこごと倒れている倒木や藪を抜けて前進…

ぶらりみちのく”はし”めぐり 三重編

ねじって 沈んで 勘違いして 「すいませんチーズカレーの肉まんください」とじゃぱりまんを頼んだり。 鹿のフレンズに遭遇したり びふぉーあふたーしたり 今回はぶらぶらと彷徨ってきただけですのでネタ度はひくいです。 次回に続く

森町の明治未成隧道探索 其の参(完)

道のすぐ横に見えた谷間は掘割のように見えた。そして気になるあそこは・・・ 残念ながら谷間の最奥部に穴は無かった。とにかく下のほうから回り込んでみる。 こちら側の山肌は全体的になだらかな斜面が広がっているが、ここだけ地形的に不自然な谷が稜線に…

森町の明治未成隧道探索 其の弐

ここは森町を流れる太田川に架かる天森橋の上。少し離れた駐車場に車を置き、徒歩で目的地を目指す。関係ないがこの森町、昔は馬車鉄道を前身とする秋葉線という電車が。最近では新東名のICが出来て何気に交通の便が良いと思う。”遠州の小京都”は伊達では…

森町の明治未成隧道探索 其の壱

昔々とまではいかないが2012年1月、ネットを検索していると1つの文章を見つけた。それは静岡県周智郡森町の明治時代の様子を紹介した「森町変遷雑記」という本の1節で、向天方という場所について言及していた。その部分の原文を抜粋してみよう。 ・・…

あけましておめでとうございます。そして近日公開予定。

道巾広からぬも、古くより原の谷方面の要路にして又村の幹道たり。道は東して原田村、西の谷に道ず。明治廿年頃墜道を穿ち、榛原郡金谷へ開通すべく、鈴木才吉氏多くの土工と「トンネル」開鑿に着手せるも中止す。原の谷行路はトノ谷沢を越え大高山山脈の中…

小ネタ 島田軌道と天竜の木橋

ここは静岡県島田市。ここに明治から昭和まで日本で最も長期間、そして一番最後まで営業していた人力の軌道が島田軌道である。サイト”歩鉄の達人”様の記事を見て一回行ってみたいと思っていたのが唯一の遺構であるこの橋台。写真は島田駅方向で立派な堰堤も…