読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

稲又森林鉄道 1

  • f:id:msx4:20161018223004j:plain

ここは山梨県早川町の雨畑湖。その湖岸にある雨畑の集落のはずれに見神の滝という見事な滝があり、そこに稲又森林鉄道の貯木場が存在していた。そして軌道跡はほぼ現在の道路に転用されていると言う。確かにそのまま流用するのがうなずけるような場所を道が通っている。

f:id:msx4:20161018230356j:plain

f:id:msx4:20161023220548j:plain

JTBの”全国森林鉄道”によると雨畑川と支流の稲又沢の分岐付近に事務所が存在し、そこからインクラインが延びていたという。国土地理院の地図を見ると千島隧道の横から点線の道が河原近くまで下がり沢との分岐まで通じているので、現地に行く前の自分はこれが軌道跡だと思い込んでいた。(実際には部分的に当たっていたのだが。)

f:id:msx4:20161023223929j:plain

坑門の横の土砂を越えて侵入する。だが実際に下ってみると平場で道は途切れてしまい、どうやら本流の砂防ダムの作業道のようだった。しかも平場より下へは踏み分け道の急斜面で完全に軌道跡という可能性は消えてしまった。それでもとりあえずはと斜面を降りていく未練がましい自分。河原の近くまで降り、ふと横を見る

       「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!」

f:id:msx4:20161023232034j:plain

    軌道の切り通しを発見した!    ( 稲又森林鉄道 2 に続く )