読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

稲又森林鉄道 2

 

完全に間違っていたと思っていただけにこの発見は嬉しかった。どうやら軌道はもっと前に道から分岐していたようだ。ちなみに後ろを振り向くと・・・

f:id:msx4:20161029225323j:plain斜面にわずかな踏み跡があるだけで平場は見えなかった。とにかく前へ進むことにする。ちなみに切り通しを後ろから見ると”漢らしかった”(笑)

f:id:msx4:20161029230214j:plainしばらく進むと稲又沢で路盤は途切れてしまう。水が無い砂利の河原を反対岸へ歩いていくと橋の一部らしき杭と軌道跡、そして平場が現れた。

f:id:msx4:20161029232415j:plainf:id:msx4:20161029232803j:plain

さてはここが事務所跡かと思ったが、あいにく林鉄お馴染みの空き瓶ぐらいしか残っていない。”全国森林鉄道”にはここから斜度30度ほど、延長252mのインクラインで高度を稼ぎ、稲又沢の奥地に達していたとあるがインクラインらしきものは見つからず、逆に軌道跡は稲又沢ではなく本流の雨畑川にそってゆるやかに高度を上げていく。なんかおかしい・・・。f:id:msx4:20161030001433j:plainf:id:msx4:20161030001933j:plain

考察はさておきとりあえず前進してみる。

                   ( 稲又森林鉄道 3 に続く )