読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

稲又森林鉄道8

前回までの攻略で、軌道跡をそのままたどることが不可能と判断し、ならば川沿いに進んで奥地を目指すことにした。

 

f:id:msx4:20170127220031j:plain

横手に超デンジャラスなトイレ(?)を見ながら前進する。すると

f:id:msx4:20170127220429j:plain

f:id:msx4:20170127220953j:plain

巨大な砂防堰堤(監視カメラ付き)がゆく手を阻む。それよりも地味に驚いたのが小学生がプレートの題字を書いていたことだ。私はあまり見たことがないんだが。それはともかくこれで道は断たれたかというと道の横にこんなものが。

f:id:msx4:20170127222247j:plain

上流に向かって左の山腹に神社があり、その参道が山の上へ伸びている。みるみるうちに高度をあげて50mの堰堤をも眼下の景色としてしまい、そして神社の脇をぬけ

堰堤の上流へと降りていく。

f:id:msx4:20170127223654j:plain  f:id:msx4:20170127225116j:plain

 

f:id:msx4:20170127230409j:plain

下からは見上げるような堰堤だったが上流は土砂で埋まっていた。すさまじい量である。ともかく難関は突破したので今度は軌道跡へと登らなければならない。軌道のある斜面を眺めてみると前回の到達点の先で巨大な地滑りが起こっている。出来れば続きからと行きたいところだが突破が難しそうだったので更に先の地点の尾根から登攀を開始する。

f:id:msx4:20170127232836j:plain f:id:msx4:20170127233021j:plain

f:id:msx4:20170127234233j:plain

f:id:msx4:20170127234557j:plain

そしてようやく軌道跡に到達する。後ろも気になるがまずは前進。

 

f:id:msx4:20170127234700j:plain

 

このまま何もなければよいのだが・・・おや?

 

f:id:msx4:20170222122901j:plain

 

 

 

                稲又森林鉄道9へ続く