人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

音水の4つのインクライン 01

お待たせしました。ネットがつながり久々の更新となります。今回は少し長めになりますがお暇でしたらどーぞ。さて今回のターゲットは兵庫県の北西部、宍粟市に存在していた”音水(おんずい)森林鉄道”(波賀森林鉄道)の音水線と中音水線の4つのインクラインです。簡単に説明しますと上野の貯木場から引原川に沿って”大通り”というべき幹線があり、その途中の支流に”脇道”即ち支線が何本も伸びていました。その中でも初期に音水川に沿って作られた音水線と、その隣の中音水川で最後まで稼働していた中音水線には合計4つのインクラインがあったそうです。時に2015年4月、第2次音水アタックを開始・・・え、第1次?2月に行ったら雪で林道にすら入れませんでしたよチクショー。ちなみにこの時点ではネットと書籍の情報から「(第1の)インクラの存在」と「中音水の奥にはいっぱい橋がある」しか知りませんでした。

f:id:msx4:20170807182740j:plain

ここは音水川をさかのぼり集落の中ほどで左を向いたところ。林鉄は左奥に見える赤い欄干の橋で音水川を渡ってきて、今自分が立っている場所で180度ターンして右の道

に入っていったのだが、当初は川を渡った山肌を真っ直ぐインクラインで高低差200mを登り切り、右、つまり上流方向へ進んでいた。これが音水の軌道。そしてインクラインが廃止された後は川を渡った後左折し、山をぐるりと回り込んで山向こうの中音水川に入っていった。これが中音水の軌道であり現中音水林道である。これが今日のターゲット。

 f:id:msx4:20170807190944j:plain

 林道を48分ぐらい歩くと終点に到達する。THE END。ではなくこの左下に軌道跡が存在する。林道は軌道跡を流用しているが、後半部分でそのラインにはズレが生じている。今後林道を延長することがあっても出来れば軌道跡に影響しなければよいのだが。さてここからが本格的な探索だがインクラがこの記事の主役なので少しギアをあげていこう。

f:id:msx4:20170807222515j:plain橋梁1。鋼製で最初の関門。

          f:id:msx4:20170807222902j:plain振り返って橋梁2。コンクリ製で枕木が残る。1が奥に見える。

f:id:msx4:20170807223621j:plain f:id:msx4:20170807223908j:plain

橋梁3。鋼製。本流を渡る。枕木の最後の1本よお前はまだやれる!(7カ月後には消えてました( ;∀;)

f:id:msx4:20170807224242j:plain橋梁4跡。コンクリの残骸あり。諸行無常

         f:id:msx4:20170807224510j:plain

振り返って橋梁5。コンクリ製。枕木の最後の1本よお前はry

    f:id:msx4:20170807225324j:plain

振り返って180度ターン隧道入口。尾鷲に似たような車道がありますな。

f:id:msx4:20170807230043j:plain

橋梁5,6,7。コンクリ製。このカットはお気に入り。

f:id:msx4:20170807230925j:plain橋梁8&切り通し。ヤバい。かっこいい。

f:id:msx4:20170807231131j:plain f:id:msx4:20170807231204j:plain

振り返って橋梁8。結構高い。切り通し内部の地味にレアな4本そろいの犬釘。

f:id:msx4:20170807232153j:plain地面に映る謎の影。地獄からの使者ではない。     f:id:msx4:20170807232623j:plain f:id:msx4:20170807232542j:plain

橋梁9&旧橋台。倒壊部分を木で補修したハイブリ橋だが木橋の現存は難しかったようだ。ちょっとだけ残っている。

f:id:msx4:20170807234334j:plain f:id:msx4:20170807234444j:plain

 

f:id:msx4:20170807234608j:plain

 この上を昔機関車が走っていたとはイメージし難い。が、よく残っていてくれた。

          f:id:msx4:20170807235340j:plain

振り返って橋梁10跡。木製。さすがに現存していない。実は渡っていた沢のほうが後々脚光を浴びる。主な橋梁はこれでラスト。これからがメインディッシュである。

 

            音水の4つのインクライン 02へ続く