人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

中音水の4つのインクライン 07

見つからない軌道跡に見切りを付けて、もう一つの上部軌道を目指して歩き始める。地形の関係上難しいがなるべく平行移動を試みる。

f:id:msx4:20170908220436j:plain

f:id:msx4:20170908220551j:plain

そして歩くこと1時間ほどで反対側の流れにたどり着く。はたして軌道跡は・・・

f:id:msx4:20170908221134j:plain

 

f:id:msx4:20170908221215j:plain

どんぴしゃ!午前中の迷走が嘘のように軌道跡に降り立った。これが第3インクラから続く上部軌道跡だ。そして上流方向に数十m歩くとそこが軌道の終点だった。

f:id:msx4:20170908222137j:plain

f:id:msx4:20170908222256j:plain

平場は川の流れにさえぎられる様に消失し、そこには朽ちた枕木が緑に包まれていた。

f:id:msx4:20170908222929j:plain

f:id:msx4:20170908223008j:plain

 そして下流方向に向かい歩き出す。路盤もあまり荒れておらず割と歩きやすかった。

f:id:msx4:20170910011110j:plain

f:id:msx4:20170910011540j:plain

f:id:msx4:20170910011612j:plain

f:id:msx4:20170910231115j:plain

 20分ほど歩くと見覚えのある沢に出た。前回の撤退地点だ。

f:id:msx4:20170910012527j:plain

後は前回たどった道を逆行して第3インクラを滑り降り(比喩表現ですよ)帰路に就・・・こうとしてまだ時間に余裕があった。ならばあそこに行ってみよう。地図に記されていた最後の1つ、第4インクラだ!

 

               中音水の4つのインクライン 08へ続く