人生崖っぷち(物理)

森林鉄道、廃道、廃隧道など

苧生茂(おいも)谷の林用軌道 8

枯れ葉に隠れているが、ちゃんと2本そろったレールが残っている。ここが軌道跡であるまごうことなき証拠だ。完全に諦めていただけに本来なら絶叫して喜ぶところだが

朝、通ってきた真横にあったのに見逃すという大チョンボ。しかも5話に掲載した朝の写真にもしっかりと写っている。1日歩き回って散々分からん分からんと言っておきながら、帰る直前にこのオチなので素直に喜べなかった。まあ、嬉しかったけど。

残存部の位置から推測するに、レールを軌道跡の外縁ぎりぎりに沿って敷設してカーブの角度を緩やかにしている。それでも急カーブなのだが、さすがは林用軌道というべきか。

緩やかにカーブを描くレール。しばらくぼーっと眺めていたくなる。

ふと見るとレールにワイヤーがからまっている?まさか移動してきたものなのか?

いや、ちゃんと犬釘で枕木に固定されている。これは敷設された当時のままの姿だ。

しかし他のレールはどうなったのだろう?川に流されていたのはほんの一部だろうし、回収したのならなぜここだけ残っているのか。近隣には軌道が多くあったのでレールの転用も考えられるが、こればっかりは当時の資料か証言がないと分からない。

軌道跡と確定したので続きを辿ってみる。レールのあった平場はその5で行き止まりになっていると言ったが、実は平場と河原の間にもう一つ細い平場が存在するので、そちらに繋がっている可能性が高くなった。

合わせて三段の平場がS字カーブになっていたのだろう。

実は最初に見た時はこの平場は途中で狭まっていた(矢印の場所)ので軌道や木馬道の可能性を排して徒歩道ぐらいに思っていたのだが

よくよく見てみると1部分が成長した木(根)で狭く見えるだけで、元の広さは充分にあることに気付いた。

冷静に考えてみればすぐ分かることだが、朝方は前進することばかり考えていたのでそうと思い至らなかった。ちょっと反省。

下流側から振り返って。

平場は少し下流で途絶えている。ここで終わりと思うところだが、軌道跡ならば話は別だ。

多分1番最初に見つけた平場へと橋でつながっていたのだ。

1度目の渡河地点を渡る。20m以上の距離があったので橋があったとは思いつかなかったがこれは確実だろう。

ここが橋台だったと思われる。結局、この向こうの林道から最初に降りてきた辺りは当たりだったということか。

 

真正面は急なので少し横のほうから登ろうと あっ

2つ目の車輪発見!最後の最後に来てツキが回ってきたか。

掘り起こしてみると片方の車輪は失われていた。バラバラになって川に落ちたトロッコが何台もあったとは思えないので、これは最初に見つけた車輪とセットかもしれない。

ついでにレールも1本発見。

嬉しい発見が続くが残念ながら時間は有限だ。どれだけ辿れるか分からないが急ぐとしよう。

     苧生茂(おいも)谷の林用軌道 9へ続く

苧生茂(おいも)谷の林用軌道 7

右岸の斜面を登りながら左手の山の方へ進んでいく。地形図を見ていて気になった谷が目標だ。

ごつい大岩が鎮座している。下流ではもっと大きい岩がごろごろしていたのに、これひとつしかないとすごく目立つ。

その大岩の向こうに浅い谷間が広がっている。

何の変哲もない谷間だが・・・

草のない斜面が上に延びているここはただの枯れ沢にも見えるが、地形図を見てここに修羅(斜面に丸太や木の皮を敷いて木材を滑り落とす運搬手段)みたいなものがあったのではないかと予想したのだ。軌道跡が見つからないので代わりに何かないかという邪念も混ざっているが(笑)

 

谷の下側に転がっていた朽ちた大木は上から落としたようにも見える、が、実際のところは不明。下流のように索道使ってるなら修羅は使わないか?勉強不足だ。

とにかく、思いつきの好奇心を満たしたので撤収。これから出発点に戻って林道まで登るという大仕事が待っている。

その前に確認することが一つ。最後に確認できた路盤っぽい道の未踏破部の確認だ。写真は第4の渡河地点を反対から。

前話で最初に見つけた石垣の場所を過ぎて道を下流方面に向かう。

軌道だとすれば充分な広さだと思う。

所々荒れてはいるが、緩やかな勾配は軌道の条件を満たしている。

川面からはかなり高くなっている。いったいどこに行くのか。

しかし唐突に平場は終了していた。前方は普通の斜面でなんの痕跡もない。何の脈絡もなく終わってしまうとか勘弁して欲しい。

真下に斜面を滑り落ちてみたがでっかい金属製のバケットみたいのがあったぐらいだ。

木材や木の杭があった3カ所目の渡河地点(黄丸)はここより更に下の方だ。ここの上が軌道跡ならばどうやってあそことつながっていたのだろう?

3カ所目の渡河地点まで戻った。

岸で見かけた苔むした木片はよく見るとボルトがささっていた。

更に下っていく。この辺ももし軌道が通っていたならつづら折りにでもなっていたのか。

2度目の渡河をした場所まで戻って来た。

疑惑の軌道跡?の上に登って上流を眺める。結局ここが軌道跡という確たる証拠は見つからなかった。あるいはもっと上流なのだろうか。

朝は眺めただけだった道を辿ってみる。ここは軌道跡ではなくて木馬道なのだろうか?

しかしそれにしてもここで道が終わっているように見えるのは謎だ。ここが木馬道にしてもまだ下流に材木を運搬しなければならないからだ。すぐ下流で見つけたような索道がここから延びて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「                    」(絶句している)

   苧生茂(おいも)谷の林用軌道 8へ続く

苧生茂(おいも)谷の林用軌道 6

上流に向かって右側の左岸を進むが何の痕跡も見当たらない。渡河して右岸に移ってみる。

右岸をしばらく歩いていてふと上を見上げると草に埋もれた石垣の一部が見えた。左右を見渡してみると

下流方向にも

上流方向にも平場が伸びている。ようやくこれは当たりか?

しかしである。写真は平場の上から見下ろしたものだが、ここは軌道跡らしきものがあった川沿いよりかなり高い位置にあるのだ。接続していないのか?

分からないので2回目のスルーをして、まずは上流を目指して歩き始める。

崖下に沿って軌道跡?は延びているのだが

川が近づいたところで唐突に途切れてしまっている。

川沿いの路盤が崩落したのかと最初は思ったがそうではなさそうだ。

多分ここは木橋で渡河していたと思われる。

しかし、対岸に渡っても明確な跡は残ってない。というか分からない。

真横には白い岩壁がそそり立っており、直下の平場はそこまで広くはないのだが。

せめて草が無ければ痕跡を見つけられるかもしれないが。

やがて川と斜面にはさまれて平場が無くなった。

右岸にまた戻ったのか?

川を渡ると草に埋もれた斜面が広がっている。

登っていくとそこそこの傾斜があって軌道があったようには思えない。

完全に平場の続きを見失ってしまった。

石垣に・・・見えるような?探索あるあるだが、石垣ではないだろう。

どうにも手詰まり感が強いため、この時点でこれ以上の遡行を諦めてしまった。私のメンタルはたまに豆腐並みになる。熱意が高まれば湯豆腐ぐらいにはなるが。しかし、軌道とは直接関係ないが地形図を見て気になった場所があったのでそこを最後に見に行くことにした。

  

   苧生茂(おいも)谷の林用軌道 7へ続く

苧生茂(おいも)谷の林用軌道 5

対岸に平場が見える。よく見ると石垣も見える。

今いる右岸にも見上げると平場がある。登ってみたが道のような平場が。これは軌道跡か?あるいは木馬道か?それともただの作業道?

しかし目に飛び込んできたものがあった。ワイヤー、つまり張られたままの索道だ。このあたりでは索道で木を運んでいたのか?軌道はこの辺じゃない?

黄色い矢印が指すのがワイヤー。これを含めて数本確認した。

この索道が軌道時代に併用されたものか、それとも後の時代の物なのかは判断が付かなかった。

ワイヤー群は上流側の斜面の上へと延びていた。いろいろと気になるが時間は有限だ。決定的な遺構や遺物を求めて前進することを優先した。そのためこのあたりはさらりとしかチェックしていない。

右岸の道らしきものは川にぶつかって消えていた。上流へはそこから河原に降りて歩いていけるが、続きがないということは軌道跡ではないのか?

川の向こう、対岸にも平場が見えた。

しばらく歩いた後、河原から平場に登ると更に上の段を見つけた。石垣が施工された細い道だ。今度こそ軌道跡か?

軌道跡(仮)は川にぶつかったところで途切れていた。普通に考えれば橋があったのだろう。が、一見したところ上流側には道の続きが見当たらない。川にだいぶ削られているようだ。

道の上に登ってみると軌道、少なくとも木馬道レベルの規格に見えた。

しかし下流方向のカーブのあたりで急激に下がっているような。軌道にしては急坂に見えるが木馬道なのか?

更に上流方向に180度ターンした道は

なんか不明瞭になって消えている。対岸に渡った跡も見えない。あれ?

よく分からないのでここもスルー。とりあえず上流の探索を進めようと道の延長線上を眺めてみるが、やっぱり川向うには道の痕跡が見当たらない。

川を渡って振り返る。最悪、軌道や木馬道でなくても橋でここは渡っていたはずだ。多分。

渡った先は平場がなく、どうやら川の跡のような凹凸がある。流れの位置が変わったか、増水した時に水が流れるような感じだ。

そこを抜けると平場になったが

また川に突き当たる。しかし、

ワイヤーのついた杭や苔むした木材が転がっている。これは木橋、吊り橋?の残骸か。

点線が川幅を示す。正面に向かって橋が架かっていたのだろう。

正面の対岸にはワイヤーが。やはり吊り橋か?

川を渡った先はまたもや不明瞭になっていた。地味に草が茂っていることもあってわかりづらい。足は止まらないが気持ちはやや挫けつつあった。

 苧生茂(おいも)谷の林用軌道 6へ続く

 

苧生茂(おいも)谷の林用軌道 4

第二次探索から1カ月後の2022年11月、3度目の挑戦が始まる。すでに晩秋となり谷の入口も色づいているのが見える。

しばらく雨が降らなかったせいかやや水量が少なく、多少は楽に渡河することが出来た。

探索という本番を前に時間と体力を節約できればそれに越したことはない。特に今日は。

今回は前回撤退したあの滝を攻略する。と言っても滝をよじ登るわけではない。地図で見るとこの林道の終点が滝の少し上流のあたりみたいなのでこれを使わせてもらうのだ。・・・後述するがひとつだけ問題があったりするが。

坂をどんどん登っていく。苧生茂橋が落橋してからここに車が入ることも出来なくなり、整備されていないのは当然だが、飯場跡ならまだしもなんで林道の真ん中に一升瓶が?

道の上に建物が見えてきた。最初は林業関係かと思ったが

普通に集落の跡だった。人以外に会うのが嫌なのでスルーする。(動物のこと)

集落からしばらく歩くと民家か会社か分からないが建物があった。ここは地図に載っている。

そして広いスペースが広がっている。可能性としては低いが林道の一部が軌道跡ではと考えていたので、ここを見て貯木場跡では?と思ったが、この後の林道の坂道の傾斜からその可能性は消えた。

空き地の端で林道が分岐していた。左は地図に載っていない道だが、方角からして多分隣の谷へ行く道ではないかと思われる。作業道ぽいがなんか気になる。

広場を回り込むようにして林道は高度を上げていく。

対岸の紅葉を見ながら坂を登る。気分が高揚する。

多少崩れたり、倒木があったりしたが、ほぼ問題なく通行出来た。

こんなところに車が。いくら草ヒロが好きだからって不法投棄はダメ。

日産のサニーのようだ。ちなみに車の正面方向へ登ると苧生茂城祉だ。この辺も城跡に含まれているのか?

林道を歩き始めて1時間45分。終点に到着した。もしかして地図に描かれていないだけで続いているのではと思っていたが、ここできっぱりと終わっていた。この前方は普通に急斜面だった。

その終点の横から小さな尾根が延びている。その尾根から降りていけば滝の上流に着くはずだ。そして、これが今日の探索の問題点だ。

高低差はおよそ150m。行きはいい。が、どこまで遡行するか分からないが川沿いを探索して、その後またここを登り返し、更に暗くなる前に高原川に戻って渡河しなければならない。少しハードな気がするが多分気のせいだ。

降下開始。

約30分弱かけて降りていったが、そろそろ河原という頃に平場が目に飛び込んで来た。

ドラム缶に

石垣

空き瓶と。作業小屋か飯場の跡か?ということはこれが軌道時代の物ならこの近くに軌道が?しかし見渡してみるがそれらしきものは見つけられなかった。

少し降りると川に出た。ようやくあの滝の上に足を踏み入れた。

ここから上流を目指す。さて、軌道跡を見つけることができるのか?

    苧生茂(おいも)谷の林用軌道 5 へ続く

 

2022年を振り返って

今年度の記録。

和歌山県古座川町の(廃)水路橋。この近辺はまだまだ発掘のし甲斐がある。

島根県雲南市の木馬道隧道。遠かったがようやく行くことが出来た。

岐阜県高山市の尾上郷森林鉄道貯木場。ダム湖に沈んでいるからこそ保存状態が良い。

下呂の本谷森林鉄道。奥が良く分からない。

三重の古和谷軌道再訪。ソロで分からなかった上部軌道に連れて行ってもらった。

飛騨のニコイ大滝。意外と近かった。

石川県の森林鉄道。途中まで探索。

和歌山県新宮市の宣旨帰り。工夫して道を造った感があった。

岐阜県高山市の布川橋。ここの続きも歩いてみたい。

奈良県下北山村の岩屋谷滝の隧道。4度目はいつにするか。

岐阜県高山市のおいも谷林用軌道。連載中。

飛騨の軌道。探索中。

それでは皆様良い廃道を。